陽の木ヒューマンケア

マヌカハニーで健康に!

LINEで送る
Pocket

「マヌカハニー」をご存じですか?

最近優れた健康効果で話題の、ニュージランド原産のはちみつです。

「ピロリ菌」「大腸菌」「サルモネラ菌」などの体内で悪さをする菌に対する
殺菌、抗菌作用が高く、消化器官の諸症状の緩和に効果があるといわれています。

マヌカハニーで、健康を実感することができたら嬉しいですよね。

 

そこで、今注目のこのマヌカハニーについて、効能や食べ方、実際に購入する際の選び方などを詳しくご紹介してきたいと思います。

 

 

マヌカハニーとは

 

マヌカハニーとは、主にニュージーランドに自生する植物「マヌカ」の木に咲く花の蜜から作られた、はちみつのこと。

マヌカの木はフトモモ科の低木で、小さく可愛らしい花をたくさんつけます。

加えて、採蜜ができるのは年間で花が咲く約4週間であるといわれてます。

そのため、とても貴重であり、「奇跡のはちみつ」として世界中の人々から愛されています。

 

 

 

 

 

ふつうのハチミツと「マヌカハニー」はどこが違う?

 

一般のはちみつは体内の殺菌には向きません。

 

なぜなら、一般的に販売されているはちみつの多くは出荷前に加熱処理がされているため、酵素が失活してしまい過酸化水素などの殺菌成分の効果が期待できないのです。

そのため、一般的なはちみつはなかなか体内でその高い殺菌作用を発揮することができないのです。

実は通常のはちみつとマヌカハニーの違いはここにあります。

 

マヌカハニーには、はちみつ特有の上記の殺菌成分に加えて、「メチルグリオキサール」
という独自の殺菌成分が多く含まれています。

マヌカハニーにしか含まれないこの「メチルグリオキサール」は元々、花蜜には含まれて
いません。

蜜が集められる巣の中で徐々に増えるとともに、貯蔵している間にも徐々に増えていく成分といわれています。

「メチルグリオキサール」の特定の細菌を殺菌する能力は、通常のはちみつに含まれる「過酸化水素」と比べると、およそ2倍にも上るという報告もあります。

 

 

 

「ピロリ菌」に有効なマヌカハニー

 

さきほどの「メチグリオキサール」の特徴により、マヌカハニーは「ピロリ菌」「大腸菌」といった多くの体内で悪さをするの悪性菌に効果を発揮してくれるのです。

「マヌカハニー」は殺菌成分に大変優れており、ピロリ菌などの体内で悪さをする菌を抑え、潰瘍など消化器系の疾患や感染症の治療に高い効果があるとされています。

 

近年の研究では、このピロリ菌にマヌカハニーの殺菌成分「メチルグリオキサール」が有
効だと明らかになりました。

 

さらに、同様にマヌカハニーに含まれる「シリング酸メチル」という抗炎症作用も、ピロリ菌が生成する活性酸素を除去してくれる働きがあるといわれています。
ピロリ菌の検査には医療機関を受診していただく必要がありますが、医学的な治療と併
用しながらも、日常生活のなかでこのマヌカハニーを摂取することで、より効果的にピロリ
菌の活動を抑制することが期待されています。

 

一方で、癌の予防や抑制に対する効果もあるのではないかといわれていますが、まだこ
の点に関しては十分な研究結果は報告されていません。今後の研究に期待したいところ
です。

 

 

 

腸内環境の改善、整腸作用

 

マヌカハニーは、ピロリ菌の除去だけでなく腸内環境改善にも効果的といわれています。
マヌカハニーに含まれる成分「メチルグリオキサール」は、なんと腸内細菌を見定め、善玉菌を殺さず、悪玉菌だけを殺菌することができる唯一の成分なのだとか。

そのため、大腸菌やサルモネラ菌といった食中毒などの原因にもなる悪さをする菌を抑制し、腸を整えてくれるほか、下痢や便秘などの改善も期待できます。

 

 

 

虫歯や歯周病予防など口内環境を整える

 

マヌカハニー研究のパイオニア、ピーター・モラン博士によると、マヌカハニーの高い抗菌作用は、虫歯菌や歯周病菌といった口腔内の菌の抑制にも有効とのこと。

 

さらに口内炎の緩和にも作用し、塗布すると効果的だと考えられています。
ちなみに、マヌカハニーの糖分は虫歯の原因となる白砂糖の成分とは構成が異なるため、

「マヌカハニーの糖分が虫歯の原因になるのでは?」と思われる方も特に心配する必要はないようです。

 

 

 

喉の痛み、風邪などの感染症の緩和

 

マヌカハニーは、風邪やインフルエンザなどのウイルスも抑制する働きがあるといわれています。

 

特に喉の痛みがある場合は、マヌカハニーやその成分の入ったのど飴を舐めると痛みを緩和してくれるとか。

さらに、マヌカハニーには抗菌作用のほかにも、さまざまな栄養成分が含まれています。
ビタミンB1、B2、B12、ビタミンC、ナイアシンなどのビタミン群のほか、カルシウム、リンと

いった各種ミネラル、さらにはアミノ酸なども豊富に含有しているので、栄養補給にも適しています

 

 

 

インフルエンザの予防

 

 

インフルエンザ予防が目的の場合、毎日継続して摂取するのが望ましいです。

ヨーグルトや飲み物に混ぜたり、ホットケーキやトーストに塗って食べたりするとよいでしょう。

風邪などで喉の痛みがある時は、マヌカハニーをそのまま食べると回復が早いといわれていま
す。

また、口内炎がある場合は、綿棒にマヌカハニーを適量取り、患部に直接塗るとよいでしょう。

 

なお、マヌカハニーの甘みは一般的なハチミツと同じ程度ですが、ハーブのような香りや、ほのかな苦みがあるため、それを苦手と感じる人もいるようです。

そのまま食べるのが難しいようであれば、おすすめでご紹介したように食べ物や飲み物に混ぜるとよいでしょう。

 

 

 

 

マヌカハニーの数値の意味について

 

 

健康維持に効果的なマヌカハニーですが、実際に商品を選ぼうとなったときに、少し戸惑われるかもしれません。

なぜなら、市販のマヌカハニーには、通常100+/250+/400+などといった数値の表示が付いているからです。

この数値は何かというと、マヌカハニーの抗菌作用を示しています。

マヌカハニーは健康補助という側面があることから、原産国のニュージーランドでは偽物や低品質品の流通を防ぐためにも、検査機関を通して厳しい品質管理が行われています。

そして、その品質を示す指標として「ブランドマーク」と呼ばれる規格が使われ、これが正規品の証となっています。

ブランドマークには、主に抗菌作用の検査方法によっていくつか種類があります。

どのブランドマークでも、数値が高ければ高いほど、抗菌作用が高いことを示しています。

皆さんが安心してマヌカハニーを選ぶことができるよう、ここでは現在ニュージーランド政府が公認する「UMF」「MGO(MG)」「MGS」の3つのブランドマークの特徴と数値の指標をご紹介します。

 

ぜひ選ぶ際の目安にしてみてください。

 

UMF

さて実際の「UMF」の数値ですが、これはマヌカハニーの特殊な抗菌作用を医療用消毒液「フェノール液」と比較し数値化されました。

例えば「UMF10+」の場合、そのマヌカハニーの抗菌作用は「フェノール濃度10%」に同等ということになり、数値が上がればそれだけ抗菌作用も高くなります。
この規格は、現在では誤差のある測定方法だという声もあります。

ただし、実際には生産者を制限し、厳しい検査体制を敷いているため、高い品質が保証されているのも事実です。

 

MGO

「MGO」のブランドマークは、「メチルグリオキサール」含有量を表示した規格。

「マヌカハニー1kgの中にメチルグリオキサールが何mg含まれているか」を示しています。

例えば「MGO100+」の場合、「1kg当たり100mg」のメチルグリオキサールを含んでいるということ

「UMF」マークと比較すると、抗菌作用が若干分かりやすく表示されているといえるでしょうか。

 

「MGO」の検査方法は、「UMF」よりも誤差が少なく正確で、さらにその検査体制もより厳密なものであるといわれています。

ただし、「UMF」がトレーサビリティ体制がしっかり構築されているのに対し、「MGO」マークの商品は市場などでの管理は行われていないとのこと。

 

それぞれ特徴が異なりますね。
現在「MGO」はニュージーランドの「Manuka Health」社の登録商標となっています。

ちなみに「MG」マークも見かけますが、これは、登録商標上の表示の制限により「MGO」が使え
ない場合で、実際は「MGO」と同じ規格と受け取っていただいてよいと思います。

 

MGS

「MGS」は、基本的には抗菌作用をフェノール液と比較した「UMF」と同じ測定方法です。
ただし、単にUMF数値を測定するだけでなく、他にもいくつかの新基準を設けており、純度や加熱処理、添加物の有無なども検査対象となっているようです。

現段階ではマヌカハニーのブランドマークの中で最も厳格な規格との声も。
「MGS」は、ニュージーランド政府が認定する「ISO17025認定研究所」にて厳しい検査が複数回行われ、その結果が数値表示されます。
さらに、「MGS」はどんなマヌカハニーでも認定を得られるという特徴があり、「UMF」や「MGO」といった他の規格も認定の対象となります。

 

これは、偽物や質の悪い商品を市場からなくし、ブランドにこだわらず高品質のマヌカハニーを流通させたいという考えとも言えます。

 

 

 

マヌカハニーの主なブランドマークをご紹介しました。

流通している商品としては、「UMF」「MGO」が最も多いといえます。

特に「UMF」はブランド化されており有名な規格です。「MGO」は「メチルグリオキサール有量」というシンプルな測定方法で私たちには一番馴染みやすい規格かもしれません。

ただし、登録商標の関係で、販売メーカーが限定されています。

一方、「MGS」は規格の認定対象が広く、門戸を開いた新規格ですが、実際には流通量が少なく、プレミアム認定を受けた商品は高額化しているのが現状です。

 

 

 

数値と期待できる効果について

 

マヌカハニーのブランドマークを理解した上で、では実際にどの商品を選んだらよいのでしょうか。

最も良いのは、ご自分で信頼できるブランドマークの指標に従うことです。

しかし、ご紹介した3つのブランドマークであれば、ニュージーランド政府が認定しているマヌカハニーの正規品であるのは間違いないので、安心してご購入いただいてよいかと思います。

また、いずれの規格においても、数値が高くなればなるほど抗菌作用は強まり、価格も高騰していくという特徴があります。

もともと高い健康効果が期待できる食品ですので、一般のはちみつと比べても価格は高い傾向があります。

そのため、数値と価格の兼ね合いも商品を選ぶ際の重要なポイントになってくるかもしれません。

 

 

実際に一つの指標として、「UMF」では「10+」以上、「MGO」では「263+」以上の数値表示がされている商品がおすすめです。

ちなみに、「UMF」と「MGO」を比較した場合、表の横に併記されているように「UMF10+」=「MGO263+」となります。

 

この数値レベルのマヌカハニーでも日常生活において健康維持に役立つといわれており、感染症や傷の治癒に効果ありという研究報告もあります。

 

一方で、ピロリ菌抑制や消化器官の不快症状改善など、医療行為の補助食品としても活用されたい方は、お値段は張りますが、より強い抗菌作用が期待できる数値の高いものを選んだ方がよいでしょう。

 

 

 

おすすめの食べ方

 

健康維持のために、毎日少しずつ食べたいマヌカハニー。
気になる症状や不調を感じる時に一定期間利用する方法がおすすめです。

利用する場合は、そのままスプーンですくって召し上がるとよいでしょう。
ただし、マヌカハニーは水分量が通常のはちみつと比べて少なく、キャラメルのように粘度が高くねっとりとしています。

 

また、独特のクセのある味と香りをもつことから、そのまま舐めるのは難しいと感じられる方も。
その場合は、下記のような方法で他のものと合わせて召し上がってみてください。

 

  • ヨーグルトに混ぜる
  • トーストに塗る
  • ホットケーキやパンケーキに塗る
  • 紅茶やハーブティーなど飲み物に添えて
 
 
 
摂取量の目安

 

マヌカハニーの適量は、1日大匙一杯(15ml)程度といわれています。

1日3回ほどに分けて、1回5ml程度ずつ、ティースプーンで召し上がってもよいでしょう。

 

 

マヌカハニーの注意点

 

 

健康効果の高いマヌカハニーですが、いくつか注意したいことがあります。

 

● 1歳未満の子供には与えないこと

これはマヌカハニーに限ったことではありませんが、通常はちみつには、ボツリヌス菌が混入している可能性があります。

大人の場合は感染し食中毒などの症状が起きることはありませんが、まだ腸が未熟な赤ちゃんには感染の恐れがあり、非常に危険です。

また、ボツリヌス菌は、加熱しても殺菌することはできません。

くれぐれも、1歳未満のお子さんには与えないようお気をつけください。

 

● 食べ過ぎに注意

毎日召し上がっていただくとよいマヌカハニーですが、通常のはちみつよりも若干ですがカロリーが高いとされています。

通常のはちみつは100g当たり294kcal、メープルシロップは240kcalなのに対し、マヌカハニーのカロリーは300kcal。

カロリーに伴い糖分も高いため、特に糖尿病などの持病をお持ちの方は注意が必要です。 食べ過ぎることで、カロリーや糖分の摂り過ぎにならないよう注意し、ご自分のからだの状態により量を調整しなが
ら召し上がってください。

 

● 粗悪品や偽物を避け、質の高いものを

ブランドマークのご紹介の項でもお話ししましたが、マヌカハニーは粗悪品や偽物が多く出回っています。

優れた健康効果のあるマヌカハニーですが、品質の悪いものでは効果は期待できません。

せっかくお召し上がりいただくなら、お値段は一定以上しますが、品質を保証するためのしっかりとした基準や厳しい検査体制をパスした正規品をお選びいただくことをおすすめします。

 

 

 

まずお試ししてみたい方はこちら

 

以上マヌカハニーの効果効能でした。

 

『アルコールで体内を消毒』より『マヌカハニーで体内を消毒』の方が健康には良さそうですね(^^)笑

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

閲覧ありがとうございます。私たちと共に働く仲間を募集中です。お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ メールでお問い合わせ arrow_right
PAGE TOP